◆ すいせん図書 ◆
 昔は、読書って好きじゃなかったんですよ。
 国語の授業も、楽しいと思ったことはなかったし、夏休みの読書感想文も、5ページくらいのショートショートで書いたりしてました。
ところが、オトナになって本を読んでみると、驚くほど面白いんです。びっくりしました。

 競馬の本も読むことはありますけど、だいたい関係ない本を読んでます。
競馬と関係のないものでも、意外と競馬に通じる部分があったりして、予想に対してのモチベーションが上がったり、新たなアイディアの基になったり、サイト運営の参考になったりします。

 競馬に関する本は、ヨソのサイトでも紹介してますし、おそらく他の方のほうが詳しいと思いますので、ここでは色々なジャンルの本を紹介したいと思います。

書名 著者 説明
インターネット的  糸井重里 イトイさんって、この本読むまでは「埋蔵金掘ってて、
MOTHER3(ゲーム)なかなか作ってくれない人」
くらいのイメージしかなかったんですが、
コレ読んでから、随分とイメージ変わりました。


正直が最大の戦略だってことや、
非常に少ない人数しか必要としていないものでも、
その人たちが出会えればいいということや、
必要なものがナニかってこととか、
あれこれ批評したところで、立候補しなくちゃ票はは入らない
ってこととか、

どこからどこまでが、
このサイトや予想に関わるのか分かんないですけど、
たぶん、色々なことを参考にしていると思います。

インターネットが、単なるお金もうけの手段で終わったら、
ちょっとさみしいじゃないですか。

日本の端っこにいるスピード指数マニアが、
色んなところにいる競馬好きの役に立ったり、
お互いに、色んな見解を聞きながら予想ができる。
その辺を大事にしたいですよね。
安心社会から信頼社会へ 山岸俊男 『インターネット的』の中で、紹介されていた本なんですが、
これは読んでよかったですね。

「正直者がバカをみる」ってよく言いますよね。
本当は正直者がバカをみない世の中がいいと思うんですが、
やっぱり、勝つためには、ズルくないといけないのかなあ
というあきらめもありました。

ところが実際は、正直が「最大の武器」で、
勝つために、騙したり、ウソを言ったりする必要はない
とのことで、非常に勇気付けられる内容です。
(イトイさんの紹介が素晴らしかったので、
ここまでかなり引用しています)

ギャンブルなんて、所詮は騙し合いですから、
自らの手の内を明かしていくことは、
決して得策でなないかも知れません。

でも、そうすることで、たくさんの人が競馬に楽しめたり、
新たなアイディアの発見になれば、
自分にとってもプラスになると思っています。

ちなみに、この本は、まっとうな社会心理学の本なので、
まあ、じっくり読むといいと思います。
泣き虫しょったんの奇跡 瀬川晶司 何年か前に、将棋のプロ編入試験が話題になりましたが、
それがこの人です。

当時は、「サラリーマン棋士の挑戦」というような見出しで
扱われていましたから、私を含め一般の目には、
将棋の大好きなサラリーマンがプロの世界に挑んだ
というイメージだと思いますが、
元々は、他のプロ志望の方々と同じように
プロを目指していたわけです。

力が及ばず挫折し、一度は将棋の世界から身を引きながらも、
再び将棋への情熱をとりもどし、
プロ編入試験へこぎつけたというわけなんですが、
再び情熱を取り戻したのは、
やっぱり、「将棋が好きだった」からです。

過去を振り返ったとき、何でもっと頑張らなかったんだろう
とか思いがちなんですけど、
大事なのは、頑張ることから逃げるか逃げないかではなくて、
好きでいつづけられるかどうかだということなんですよね。
本当に好きなことって、するなと言われてもしますから。

いわゆる「瀬川本」はいくつか出てますけど、
これが一番読み物として優れていると思います。
ゲームについて思うこと(1,2、DX) 桜井正博 この桜井さんというのは、私の大好きなゲーム
『大乱闘スマッシュブラザーズ』のデザイナーをした方です。
一般的には『星のカービィ』を作った人と言った方が
分かりやすいでしょうか。

その、ゲームデザイナーの人が書いた本ですから、
当然ゲームに関わるハナシとなるわけですが、
根っこにあるのはゲームの話にとどまらず、
「人を楽しませるということ」だったり、
「仕事との向き合い方」だったりするわけです。

例えば、ムービーの使い方。
最近のゲームにはふんだんにムービーが使われていますが、
本当にゲームの面白さを高めるようなものでなければ、
単なる待ち時間にすぎないわけです。
クリエイターというのは、
とかく自分の作りたいものを作りがちですが、
本当に作らなくてはいけないのは、
ユーザーがやりたいものなわけです。

個人的には、2巻目のオマケの「企画書」がよかったですね。
プレゼン用の企画書なんでしょうけど、ものすごく楽しい。
それはもう、それ見ただけでやりたくなるくらいに。
見習いたいものです。

「ゲームをしない方でもどうぞ」とは、さすがに言いませんが、
専門的なことが書いているわけじゃないので、
それなりにゲームに触れる人なら楽しめる内容だと思います。
inserted by FC2 system